2021年11月13日

Saturday, November 13 2021. 令和三年霜月

 こんにちは(日の出:6時24分、日の入り:16時46分)、昨日の最高気温17.3℃&最低気温8.2℃、日照時間4.0時間だった。
 日本国内のワクチン接種状況(職域接種分含む)は、1回目:78.2%、2回目:74.7%だ(NHK、11月12日)。
 2021年第44週(11月1日~11月7日)インフルエンザ報告数は、名古屋:0.00人/定点、愛知県:0.00人/定点。

 昨日のNew Music Mixは、Adult Contemporary:1曲、Alternative:6曲、Hip-Pop/Rap:1曲、Pop:5曲、Rock:10曲、Singer/Songwriter:2曲だ。
 今週のFavorites Mixは、Alternative:5曲、Country:1曲、Pop:4曲、Punk:1曲、Rock:14曲だ。
 今週のGet Up! Mixは、Alternative:2曲、Country:1曲、Pop:4曲、Punk:1曲、Rock:17曲だ。
 今日のある新聞に、ロケッシュ・チャンドラ(Lokesh Chandra)氏の「今、法華経の精神が果たす役割とは」という記事が載った。記事によると、「中国など東アジアへの仏教の流布が、人々にとって、性別や身分に基づく社会的差別を乗り越える一つの力になった」、「仏教は、一神教のような「神」を中心とした宗教ではありません。人間に神聖さを見いだし、人間を中心に据えた宗教」、『社会で最も弱い立場にある人々に「生きる力」を与えることになりました』。
 『生命の尊厳性、平等性といった釈尊の思想を最も正しく伝えるのが、一乗思想(※編集部注)を持った「法華経」』、「聖徳太子が書いたとされる法華経の注釈書(『法華義疏』)は、日本最古の書物」、「法華経の一乗思想は、日蓮大聖人の御書に見ることができます」、「大聖人はこの法華経の一乗思想を、仏教が滅びたインドで再び開花させたいと願った」、「創価学会はこの数十年の間、法華経とその価値をインドにもたらすことに成功しています」。
 「ガンジーのもとに」、「ある日、文化について語る日本の人々がやって来た」、「ある日、文化について語る日本の人々がやって来た」、「説明が難解だったため、ガンジーは私の父を呼び寄せた」、「こうした経緯で、ガンジーは、道場での祈りの中に「南無妙法蓮華経」の題目を取り入れるようになった」。
 『西洋社会では、「価値の崩壊」が起きて』、「物質主義を超えた創造的な生活が求められ」、「今こそ法華経の哲理が必要なのです」。「法華経が持つ人間主義とは」、『「知恵」と「慈悲」に象徴されるもので』、「人間だけでなく、自然をも尊い存在として包含する人間主義で」、「両者を超えた、さらに深い次元の生命の価値観に根差したものです」。
 『創価学会が、「価値」の概念を発展させてきたという点』、「開かれた価値は、現代において非常に重要」、「これまでとは違った新しい生き方、新しい人間関係、新しい国家関係を構築しなければならないからです」(以下割愛)。  

Posted by 60papa80 at 15:01Comments(0)TrackBack(0)近況

2021年11月07日

Sunday, November 7, 2021. 令和三年霜月

 こんにちは(日の出:6時18分、日の入り:16時51分)、昨日の最高気温19.9℃&最低気温9.6℃、日照時間5.7時間、降水量:0.5 mmだった。
 日本国内のワクチン接種状況(職域接種分含む)は、1回目:77.8%、2回目:73.1%だ(NHK、11月05日)。
 2021年第43週(10月25日~10月31日)インフルエンザ報告数は、名古屋:0.00人/定点、愛知県:0.00人/定点。

 今日のChill Mixは、Alternative:2曲、Metal:2曲、Pop:2曲、Rock:18曲、Vocal:1曲だ。
 先週のNew Music Mixは、Alternative:6曲、Folk:1曲、Metal:1曲、Pop:6曲、Rock:7曲、Techno:1曲、Singer/Songwriter:3曲だ。
 先週のFavorites Mixは、Alternative:4曲、Pop:4曲、Rock:17曲だ。
 ある新聞に、「創価学会創立の月 記念インタビュー」として、羽矢辰夫さん(創価大学文系大学院・教授)の「ブッダの思想の核心とは 」が載った。私の長年の「興味の中心」に関する内容だった(左の写真は、氏の著書「ゴータマ・ブッダ その先へ――思想の全容解明(春秋社)」)。
 『「サンカーラ(行)」が、苦しみの根源的な原因である』、『サンカーラの働きによって、「自他分離的自己」が形づくられ、自分を大切に思う価値観が生じ、「自分と他者」という認識が生まれ、人は社会生活を営めるようになります』、『自他分離的自己が確立されていくにつれて、自己の孤立化も進み、自らの存在の根拠が見失われるようになります。「自分とは何者か」「自分はなぜ生きるのか」などの実存苦が生じてくる』。『このサンカーラを鎮めることができるとすればどうなるか。「自他分離的」な自分が収まっていき、今度は「自他融合的」な自分が現れてくる』、『自分だけが孤立した、他者と「ばらばら」の存在ではなく、極端に言えば「一緒」のようなあり方が見えてきます。すると「死なないわたし」は解体され、実存苦そのものも生じてこなくなる――これが苦しみの解決です。このサンカーラが鎮まった状態は「安楽」とも表現されています。ブッダの思想の核心はここにあります』ということだ。
 『ブッダは瞑想によってサンカーラを鎮め、いわば「凡夫」的な認識のあり方を、「ブッダ」的な認識のあり方に成長させて苦しみを解決しました』、『そこで私は、ブッダの悟りを目指す上で、大乗仏教で馴染みの深い「ボサツ」を成長のモデルとすることを提案したい』、『サンカーラを鎮め、凡夫的人間からボサツ的人間へと成長する中で、私たちはさまざまな側面から自分の成長を実感できるはず』だ(私は理解できるが、不明な点がある方は、上のリンクから無料なので一読ください)。下(連載2回目)は割愛。
 他にも、磯田道史さん(国際日本文化研究センター・教授)へのインタビュー記事「危機の時代を生きる」も掲載されたいた。  

Posted by 60papa80 at 15:21Comments(0)TrackBack(0)近況

2021年11月01日

Monday, November 1, 2021. 令和三年霜月

 こんにちは(日の出:6時13分、日の入り:16時57分)、昨日の最高気温20.5℃&最低気温13.6℃、日照時間2.7時間、降水量:0.5 mmだった。
 今日のGet Up! Mixは、Alternative:2曲、Country:2曲、Pop:1曲、Rock:20曲だ。
10月の観る・聴くは、以下だった。
 1)All Rise S1(2019年)2021.10
 2)Designated Survivor S3(2019年)2021.10
 3)Star Trek: Lower Decks S2(2021年)2021.10
 4)The Last Ship S1 (2014年), S2 (2015年), S3(2016年)、S4 (2017年)2021.10
 5)Blindspot S4(2018年)2021.10
 6)Game of Thrones S8(2019年)2021.10
 7)Foundation S1(2021年)2021.10
 8)Invasion S1(2021年)2021.10

 10月の読んだ本(雑誌だけ?)は、2冊だった(読書週間が始まったのに、「2」は驚愕の数だ)。
月刊「潮」2021年11月号月刊「潮」2021年11月号
読了日:10月29日 著者:
第三文明 2021年 11 月号 [雑誌]第三文明 2021年 11 月号 [雑誌]
読了日:10月28日 著者:

読書メーター
  

Posted by 60papa80 at 11:26Comments(0)TrackBack(0)近況